光脱毛 原理

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
光脱毛原理

光脱毛の原理を解説します

家庭用脱毛器の主流は「光脱毛」です。
「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」とも呼ばれています。

光脱毛がどんな原理で脱毛できるのか解説します。

毛抜きで抜くのとどう違うのか?

毛は毛乳頭という部位から栄養を与えられることによって成長します。
毛乳頭は毛根の一番奥にあります。

毛抜きで抜く場合、ムダ毛そのものがなくなるだけで
毛乳頭は無事なままです。

光脱毛器は毛乳頭を変質させることによってムダ毛に栄養が渡らないようにします。

光脱毛によってどうやって毛乳頭を変質させるのか?

光脱毛には「インテンスパルスライト(IPL)」という光が使われています。
これは複数の波長で広範囲のメラニンに働きかける光です。

黒いムダ毛はメラニン色素がたっぷりなので
光のエネルギーが行き渡ります。

光を当てることによって毛乳頭まで熱が行き渡り、
毛乳頭が変質しムダ毛が生えない環境が出来上がります。

毛根は60度から70度くらいで変質します。
通常の火傷は90度以上でなるものなので火傷の心配はありません。

レーザーより威力が弱いので医療従事者でなくても安全に扱うことが出来ます。

毛乳頭が変質したことにより用済みとなったムダ毛は2週間ほどで抜け落ちます。

光脱毛はレーザーやニードルとくらべて完全な脱毛法ではないので、
再びムダ毛が生えてくることはありますが、
脱毛以前より毛質が細くなり、また生えてくる期間も長くなります。

ノーノーヘアみたいな熱を使った脱毛器で同じことはできないの?

光脱毛器はムダ毛が黒であることを利用して、
毛の毛根部分のみに影響を与えるよう設計されています。

ノーノーヘアは毛幹部分のみを焼ききる脱毛器であり、
毛乳頭が浅い部分にあれば毛幹から熱が伝わり生えてこなくなる可能性がありますが、
ムダ毛以外の部分、肌にも熱が伝わりやすいので火傷のリスクも高まります。

もともとIPLの機器の用途は主に美肌づくりでした。
なので脱毛と同時に美肌効果が期待でき、
適切に家庭用脱毛器を使えば肌に悪影響をおよぼすことはありません。

ranking
クレジットカード