VIO ハイジニーナ 脱毛

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
VIO脱毛

日本ではあまりメジャーでないVIO脱毛ですが、海外では当たり前のように脱毛が行われています。

他の部位は「脱毛した!」っという経験談も聞きやすいですが、VIOはなかなか人には相談もしにくい箇所ですし、気軽に経験談を聞ける部位でもありません。

今回はVIO脱毛を検討するのに必要な知識をまとめてみました。

VIOって何?

アンダーヘア、デリケートゾーン、ハイジニーナなどの呼び方があります。
自己処理が難しく、デリケートゾーンの名の通り敏感なので脱毛には慎重さが大事です。

Vライン…いわゆるビキニラインのこと。リゼクリニックによると”左右の腰骨の上を結んだ線より下部から、足の付け根のラインより上部までの範囲”らしいです。下着からムダ毛がはみ出しやすいのではみ出さないように処理する人が多いみたいです。

Iライン・・・陰部の両サイドのこと。黒ずみやすく、この箇所のムダ毛はムレやかゆみの原因になります。

Oライン・・・肛門周りのこと。日本人は無毛のことが多いらしいですが、逆に生えてたらなんとしても脱毛しなくてはならないですよね。

VIOの役割

VIOの役割、保温、フェロモン、クッション、病気予防

・クッションの役割
毛というのは守るべきところに生えています。
陰部は子どもを作る大切な部位なので、もさもさしてしまうのはしょうがないですよね。

・温度を一定に保つ
女性に冷えは天敵です。大事な部位であるVIOをムダ毛が保温して守ります。

・フェロモンの役割
アンダーヘアにはかすかな匂いがあります。
その匂いの役割は性的刺激を増やすことです。

・性感染症の予防
アンダーヘアは縮れることによって外部からのウイルスや殺菌を膣内に入りにくくしています。

などの役割がありますが、現代ではほとんどが服が代役を務めるので無くなってしまっても問題ありません。

また、フェロモンの役割に関しても、Vゾーンにムダ毛を残せば大丈夫です。

デリケートゾーンのよくあるトラブル

・痒み、かぶれ
女性の場合は生理時のナプキンによってもこの症状が起きやすいです。
デリケートゾーンの脱毛をすると毛とナプキンの接触が減りかぶれにくくなります。

・蒸れ、におい
生理ナプキンによる蒸れもありますが、夏場はより蒸れやすくなります。
蒸れがひどくなると異臭が発生してしまう可能性が高まります。
毛は匂いを広げる機能があるため脱毛することによって症状改善が期待されます。

・湿疹
蒸れがひどくなると、それが原因でデリケートゾーンに湿疹が発生してしまうことがあります。

VIO脱毛のメリットって?

・見た目を整えます
薄くしたり形を整えて、もじゃもじゃの状態から清潔感のある見た目にすることが出来る

・清潔に保ちます
汗などで非常に蒸れやすい部位なので雑菌が繁殖しやすいです。
雑菌の温床となるムダ毛の処理を行うことで清潔に保つことが出来ます。

・匂いを軽減します
上記の通り繁殖しやすいムダ毛の処理を行うことで雑菌の温床をなくし通気性も高まることでVIOの匂いを軽減できます。

まとめ

VIO脱毛はトラブルも多いが、脱毛したほうが衛生的でメリットも多い。

家庭用脱毛器でも脱毛できないことはないですが、エステやクリニックではVIO脱毛は専用のコースがあるので、

よく検討して脱毛に臨むといいかも。

ranking
クレジットカード