家庭用脱毛器 使い方

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
家庭用脱毛器の使い方

「家庭用脱毛器を使ってみたいけど、使い方が難しかったらどうしよう?」

なんてお考えですか?

大丈夫です。

いくつか気をつける点はありますが、家庭用脱毛器の使い方はけっして難しくありません。

以下にご紹介いたします。

光脱毛器の使い方

①ムダ毛を剃る

脱毛器はムダ毛が1〜2ミリ生えた状態で照射するのが効果的です。

電気シェーバーは剃り跡のムダ毛が1〜2ミリ残るので当日でもOKです。

カミソリで剃る場合は前日までに剃りましょう。

黒くて長いムダ毛が残ると、そのムダ毛に脱毛器のエネルギーが集中してしまい、効果的に脱毛できません。

剃り残しのないようきちんと剃りましょう。

②水を飲む

光と熱を使うため体が乾く感じがします。

水分補給をして水分を体内に蓄えましょう。

③サングラスをかける

脱毛器購入時にサングラスも付いてくることが多いですが、ない場合は用意してください。

光脱毛器は強い光を発するので目を保護する必要があります。

サングラスをしたうえで照射時目を瞑ると安全に使用できます。

④照射部分を冷やす

肌を冷やすクーリング機能が付いている脱毛器がありますが、使いやすい性能ではないので保冷剤を用意しましょう。

サングラス同様、付属されていることが多いです。

冷やすことによって痛みを軽減し、肌の健康状態を保ちます。

⑤脱毛器を肌に当ててスイッチを押す

自動的に照射してくれる機器もありますが、多くの脱毛器は自分のタイミングでスイッチを押します。

大抵の脱毛器は肌に反応するセンサーが付いて、肌に当てないと照射出来ないようになっています。

⑥照射した肌を冷やす

照射後の肌は熱がこもるので、保冷剤やシャワーなどで冷やしましょう。

照射後は乾燥しがちなのでシャワーの方が効果的かもしれません。

⑦保湿クリームを塗る

前述の通り肌が乾燥するのでしっかりと保湿をして肌の調子を整えましょう。

⑧水を飲む

喉が渇いていなくても、体の水分が不足している可能性が高いです。水分補給をきちんとしましょう。

使用後に注意すること

温かいお風呂に入らない

肌は火照っているので照射後当日はお風呂に入ってはいけません。

水風呂やぬるめのシャワーで身体を洗いましょう。

日焼けをしない

照射後数日は日焼けをしないように気をつけます。

ただでさえ熱に敏感になっているので、日焼けすると肌がボロボロになる可能性があります。

まとめ

光脱毛を使うと体に熱がこもり、乾燥しやすくなる。
使用後は肌の保全に心がけること。

ranking
クレジットカード