家庭用脱毛器のジュール数(出力)比較

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
家庭用脱毛器のジュール数

家庭用脱毛器はエステより安いとはいえ、美容に掛ける金額としては決して安価ではありません。
「効果がある!」と確実にわかればいいのですが、
「家庭用脱毛器 効果」で調べたとしても、結局は「個人差がある」で片付けられてしまいます。

そうなると次に気になるのは脱毛器の「出力」です。
各家庭用脱毛器のパワーが比較できれば、効果のありそうな脱毛器がわかります。

脱毛器のパワーの単位はジュール数(J)

ジュールは熱量エネルギーの単位

脱毛器の出力は「ジュール」という単位で表されます。
ジュールというのは熱量のエネルギーの単位です。大きければ大きいほど強い熱量を持ちます。

調べてみると、なんと脱毛器のジュール数を公表しているのはたった1社「LAVIE」だけでした。
他の社は「エステ並み!」といった表記はありましたが、出力は明記されていませんでした。

となるとLAVIEだけが誠実な企業かというと、そういうわけでもなさそうです。
LAVIEの出力は78ジュール。

しかし、医療脱毛を行っている高須クリニックにこんな記述があります。

ほとんどの機械は20ジュール程度の出力でヤケドを起こしてしまうため、機械メーカーはそれ以上の出力での使用を勧めておりません。

つまり、LAVIEが78ジュールだとすると非常にヤケドのリスクが高いことになります。
実際にはLAVIEは脱毛器の中では比較的低出力と言われています。
少なくともケノンより低出力と称される方が多いです。
正しく使えばヤケドの心配があるような機器ではありません。

メーカーによって計測の仕方が異なる

ではLAVIEがジュール数に関して嘘の記述をしているかというとそうでもないようです。
そもそも他社がジュール数を公開していない理由の一つに
出力の表記に法的な基準がなく、メーカーによって計測の仕方が異なる
というのがあるようです。
つまりLAVIE的な基準なら78ジュールという数字が出されるわけです。

出力表記による販売促進は薬事法などで取り締まられ非常に厳しいようです。
そこでLAVIEが「78ジュールです!」と通常であれば肌が焼け爛れる数字を表記してしまったら、
他社は例えLAVIEより高出力であっても法律的に目を付けられるジュール数を表記するわけにはいきません。

そんなわけで家庭用脱毛器の出力比較は法律が変わらないと難しいようです。
脱毛器は万人に効果が出るとは限らないから仕方ないとはいえユーザーにとっては不便な話ですね。

まとめ

家庭用脱毛器の出力は

  • 法的に計測の基準がない
  • 明確に出力を表記すると法的に引っかかる可能性がある

などの理由により表記が難しい。
単純な比較はできない

ranking
クレジットカード