家庭用脱毛器 短所 長所

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
家庭用脱毛器の短所長所

気軽に脱毛できてオススメな家庭用脱毛器ですが、当然短所もあります
エステと比較してどんなところがいいのか悪いのか。
詳しく解説します。

家庭用脱毛器の短所

①出力が劣る

よく「エステ並みの出力!」と書かれた家庭用脱毛器のサイトを見かけますが、
やはり機械のサイズが違うので「エステより少々劣る」、くらいに考えておいた方ががっかりせずに済みます。
ただしエステだとエステティシャン次第で低出力で行う可能性があるので
危険をかえりみず最大出力でやればエステ以上の出力で脱毛している可能性はあります。

②連続使用が難しい

家庭用脱毛器は照射面が熱くなりやすいので照射し続けることは難しいです。
エステの機械だと冷却機能が優れているため照射し続けることが出来ます。
広い範囲だとエステのほうが時間が掛からないかもしれません。

③自分で照射するため見えないところが不安

光脱毛は基本的に火傷しないようにホクロやシミなど黒い部分を避けて照射します。
エステであればスタッフの方が保護シールを貼って隠します。
自分で行う場合、見える範囲であれば白いテープなどで代用出来ますが、
どうしても見えづらい位置はあるので、鏡などで念入りにチェックする必要があります。

家庭用脱毛器の長所

①やりたいときに脱毛できる

エステだと急な用事が入ったり体調不良になったりすると、予約をキャンセルしなくてはいけなくなります。

最近では当日キャンセルでもキャンセル料を取らないサロンもあるのでその辺りはリサーチ次第でなんとかなりますが、

問題は「一度予約キャンセルすると次の予約が取りづらい」ことです。

広告でよく見かけるような人気店だと会員数も多く予約で埋まっています。
せっかく土日に予約がとれても一度キャンセルしてしまうと、「平日しか空いてません・・・」なんてことはよくあります。

そうなるとキャンセル料は取られなくてもキャンセルしづらいですよね。

家庭用脱毛器であれば、自分の体調に合わせて空いてる時間にパパっと脱毛できます。

脱毛のために予定が振り回されないというのは、すごいメリットです。

②お金が掛からない

全身脱毛をしようと思うとエステだと安いところでも20万くらい掛かります。
また20万だしても脱毛が完了するとは限りませんし、追加で脱毛すると更にお金が掛かります。
人によってはさらに交通費が掛かりますよね。

家庭用脱毛器であれば8万円もあれば優れた機種を買えますし、
追加コストもほとんどありません。
お家でやるので交通費も掛かりません。

コストの面では家庭用脱毛器が圧倒的に安いです。

③毛が生えてもすぐに照射できる

エステだと次の照射までに2~3ヶ月空けますが、
家庭用脱毛器であれば生えてきたらすぐに照射出来ます。

またエステだと一回コースが終わってしまった後にまた毛が生えてきたら
新たに契約しなおしになってしまいます。

「全身のコースが終わったのにムダ毛がまだらに残ってしまった・・・」

ということもあるようです。

家庭用脱毛器であればそんなときでもすぐに照射出来ます。
自分が満足したところで脱毛を終わらせられます

まとめ

家庭用脱毛器のエステと比べたとき

短所は
①出力が劣る
②連続使用が難しい
③自分で照射するため見えないところが不安

長所は
①やりたいときに脱毛できる
②お金が掛からない
③毛が生えてもすぐに照射できる

です。

それぞれ自分にとって短所長所となりうるのか。
よくご検討ください。

ranking
クレジットカード