家庭用脱毛器 どわー

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
dowa

管理人のムダ毛

毛質:太い(太いのだと0.3mmのシャーペンの芯くらいある)
毛色:黒くて濃い
伸びる早さ:剃った翌日夕方には2mmくらい伸びている

基本はカミソリでムダ毛処理をしていた。
たまに気になったムダ毛は毛抜で抜いたりもしていた。

しかし年々濃くなる毛

剃っても黒ゴマのような跡が残るようになる。

抑毛ローションや脱毛クリームなどを試すがイマイチ効果を感じられなかった。

エステのキャンペーン価格にホイホイ釣られ
無料相談に向かうも
エステティシャンの押し付けがましさに辟易する。

家庭用脱毛器との出会い

「早く脱毛を始めたい」

「全身脱毛したい」

「でもお金はないしローンは組みたくない」

「とりあえず膝下だけやっちゃう?」

「でも6回で8万かー・・・。」

「もう少しお金貯めてからにする?」

そんなことをグルグルと考えながら
脱毛情報を集めていた。

当時私は医療脱毛を中心に調べていた。
膝下やワキなど目立つ毛だけであればエステで充分だ。
けれども私は全身脱毛を目指していたので、
産毛にもきちんと効果が出る医療脱毛しか無いと思っていた。

しかし、医療脱毛は高い。
医療で全身脱毛をしようと思ったらとてもお金がかかるし
ローンを組まずにキャッシュで払おうと思ったら
脱毛を始める時期が遅れてしまう。

つまり私は

「お金を掛けずに全身脱毛が出来る」

そんな夢みたいな方法がないかと探していた。
そして目についたのが「家庭用脱毛器」だった。

ここでいう家庭用脱毛器は「電動でムダ毛を剃る」タイプや
「ムダ毛を引き抜く」タイプのものではなくて
「光を当ててムダ毛が生えてこないようにする」タイプのものである。

値段は一番人気の機種で7万円台。
医療脱毛ではヒザ下6回しか出来ないお金で
家庭用脱毛器は買える。

「でも家庭用脱毛器って効果なさそう」

と、ちょっと前の私であれば疑ってかかっていたと思う。
しかし、脱毛に関して調べつくしていた私は

「私なら効果があるはず!」

と妙な自信を持っていた。
何故かというと
エステや医療どっちにしても

「剛毛は効果が出やすく、産毛は効果が出にくい」

「肌が色白だと効果が出やすく、色黒だと効果が出にくい」

というのは共通であった。
同じ光を扱う家庭用脱毛器でもその定義は当てはまるはずである。

「剛毛で色白の私ならいい家庭用脱毛器を買えば効果が出るはず!」

と疑っていなかった。

「とりあえず」脱毛するなら
「ヒザ下だけ」より「全身」のほうが圧倒的にコスパがいい。
産毛が残ったら医療脱毛に頼ることにして、家庭用脱毛器を購入した。

家庭用脱毛器が届いて早速試した。
肝心なのは効果である。
1回目、2回目は恐る恐る出力低めで試した成果
まっっっったく効果は見られなかった。

3回目以降から少しずつ出力を上げ
だんだんと効果が見られるようになってきた。

それから更に半年。

今まではタイツを履かなくては
とてもスカートなんて履けなかったが
今ではタイツなしでもスカートが履けるようになった。

目立つ毛はほとんど一掃できたが
まだ脱毛がボツボツと生えてくるムダ毛もあり脱毛が完了したわけではない。

ただ今までは剃っても剃り跡が残ったし
夜になるとすでにムダ毛が伸びていた状態だった。

それが剃ればすべすべの肌になり、その状態が夜まで保たれている。
私にとって充分な効果だった。

脱毛器使用前使用後ー9ヶ月間試しました

あなたが「剛毛で色白」ならば
エステやクリニックに行く前に一度
「家庭用脱毛器」という選択肢を加えてみてはいかがだろうか。

ranking
クレジットカード