脱毛 日焼け 対策

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
脱毛に日焼けは厳禁

日焼けは脱毛の敵

夏になり露出が増えるにつれて脱毛のモチベーションが上がりますよね。

しかし!夏に脱毛を行うのであれば注意しなければならないことがあります。

それは日焼けです。

日焼けをしてしまうと脱毛を行う際にデメリットがたくさんあります。

今回は日焼けのリスクについて解説いたします。

日焼けをすると脱毛の痛みが増し、脱毛効果が下がる

光脱毛器は黒色に反応する光を発します。

日焼けをした肌は全体に黒い色素が増えている状態です。

つまり!肌が黒く焼けてしまうと肌の黒い色素が脱毛器の光に反応してしまい肌に痛みを感じてしまいます

「痛い=効果がある」というのは脱毛の常識の1つですが、この場合はただ単に肌に反応しているだけなので脱毛効果には一切関係ありません。

痛みを感じずに日焼けした状態で脱毛するには、照射のパワーを落とすしかありません。

また、前述のとおり脱毛器の光は黒色に反応するため、黒い肌では脱毛器の光が拡散してしまい、ムダ毛に集中的に働きかけることができません。

結果、脱毛効果も下がってしまいます

日焼け後の肌は敏感、脱毛後の肌も敏感

日焼けしたあとの肌はいつも以上に敏感になっているので、通常であれば問題ない刺激に対してもより注意が必要になります。

肌の免疫力が下がるため、痛みを感じやすくなる以外にも

  • ヤケド
  • シミ
  • 毛嚢炎(毛穴が赤く腫れること)
  • 炎症
  • むくみ

などのリスクがあります。

日焼けをしてしまうと脱毛においてメリットはありません。

予定外に日焼けしてしまうことだってある

「急に友達から海に誘われた。」

「好きなアーティストが野外ライブに出るみたい。」

「外の仕事が急に入った」

などなど予定外に日焼けをしてしまうことだってあると思います。

もし日焼けしてしまったら脱毛は1週間は休止しましょう。

エステだと日焼け後1週間だと施術を断られてしまい、予約の取り直しになってしまいますが、家庭用脱毛器ならば気軽に脱毛計画を変更できることは大きなメリットです。

また、脱毛後の肌は日焼けをしてしまったのと同じような状態です。

脱毛後1週間は日焼け対策をして肌を保護してください。

まとめ

脱毛中の日焼けは肌へのリスクが高くなる。

日焼け対策を万全に心がけること。

また日焼けしてしまったら1週間は脱毛をお休みしよう。

ranking
クレジットカード