ムダ毛 毛周期

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
毛周期

毛には生え変わりのサイクルがあります。
それは一般的に「毛周期」と呼ばれています。

毛の成長サイクルは

成長期→後退期→休止期

という風になっています。

脱毛において大事なのは成長期。

なぜなら基本的に脱毛は成長期のムダ毛にしか効果がないからです。

ムダ毛を脱毛するにあたって毛本体ではなく毛根部の一番奥にある
毛乳頭」に攻撃をします。

その毛乳頭に直接つながっているのが成長期のムダ毛だけなんです。

なぜ毛乳頭を攻撃するのかというと
毛乳頭の役割はムダ毛に栄養を送り込むことです。
この毛乳頭の機能をなくし、ムダ毛に栄養を取り込ませないようにするのが
脱毛のシステムです。

成長期のムダ毛は毛乳頭から栄養を取り込み伸びるので毛乳頭と接触していますが、
後退期ではもう成長が終わり栄養を取り込む必要がないので毛乳頭の結合が緩みます。
毛乳頭との結合が緩んだ停滞期のムダ毛は段々表面上へ押し上げられます。
光・レーザー脱毛の光は黒色に反応しますが、
標的となる毛乳頭と接続されていない停滞期のムダ毛では脱毛効果は果たせません。

休止期になると毛と毛乳頭は完全に離れてムダ毛が抜け落ちます。
こうなると家庭用脱毛器では手も足も出ません。
成長期になりムダ毛が表面まで生えてくるのを待つことになります。
(出てこなければ、それはそれでありがたいですが(・ω・))

表面上に出ている毛は全体の1/3と言われています。
そして表面上に出ている毛は成長期と停滞期のムダ毛が入り混じっています。
脱毛器を使い表面上に出ている毛が一旦なくなったとしても、
停滞期の毛は普通に抜け落ちて、休止期に入り後に成長期のムダ毛として生えてきます。

残りの2/3のムダ毛は休止期なので脱毛器のエネルギーを当てることすら難しいです。

エステなどで次回の脱毛に2ヶ月ほど期間を空けるのはこのためです。
腕や足のムダ毛の成長期は3ヶ月~半年なので
2ヶ月空ければ生えそろって光を当てることが出来るムダ毛が多い状態で照射することができるからです。
家庭用脱毛器であれば生えそろうのを待たなくても生えてきたムダ毛にすぐ照射できるので便利です。

脱毛が完了するのに必要な期間は、
個人差もありますが18ヶ月掛かる覚悟は必要です。

脱毛器にしろエステにしろ、
どんな脱毛法であっても1回で終わらない理由は毛周期にあります。

仮に1回でツルツルにできる脱毛法があるとすれば、詐欺かものすごい肌に悪いかのどっちかではないでしょうか。

ranking
クレジットカード