ムダ毛処理 肌 悪い

脱毛は一日にしてならず-家庭用脱毛器の比較レビューサイト-
ムダ毛ケア×肌

ムダ毛ケアをしていて

「この方法で肌に悪くないかな?」

って思ったことはありませんか?

今回は「肌への影響」という視点で家庭でできるムダ毛ケアの方法を紹介します。

家庭でできるムダ毛ケアは以下の8つです。

  1. シェービング
  2. 除毛パッド
  3. 毛抜き
  4. 除毛クリーム
  5. 電動シェービング
  6. 家庭用電動脱毛器
  7. 家庭用フラッシュ脱毛器
  8. 家庭用レーザー脱毛器

それぞれどれだけ肌へ影響をあたえるのでしょうか。

1 シェービング(カミソリ)

刃が肌に当たるので肌が削れる。
3枚刃や5枚刃があるが刃の枚数が多ければ多いほどその分肌が削れる。

炎症や乾燥の原因になる可能性もある。

切れ味が悪くなってくると黒ずみの原因にもなる。

肌に優しくない方法。

2 除毛パッド

ヤスリのようなものを皮膚に擦りつけるため肌に負担が掛かる。
肌におもいやりのない方法。

3 毛抜き

ムダ毛を引っ張るときに肌も引っ張られるため負担が大きい。

抜くとき痛い。

埋没毛ができる可能性が高い上に炎症が起きる可能性もある。
肌に意地悪な手口

4 除毛クリーム

ムダ毛のみと言いつつ皮膚を溶かす可能性があるため肌に負担が大きい。
肌に情のないやり方。

5 電動シェーバー

基本的に刃が肌に触れないようになっているが、凸凹した箇所をやると肌が容赦なく削られる。
肌を突き放すような手段。

6 家庭用電動脱毛器

毛抜と同じく肌を引っ張るため負担は大きく、毛抜きより多くの毛を一気に引っこ抜くことになるためとても痛い。

抜くときに角質が毛穴に入り込み色素沈着になる可能性がある。

肌への拷問のような仕打ち。

7 家庭用フラッシュ脱毛器

肌を変質させるやり方のため負担が掛からないわけがない。
人によっては日焼けのような状態に肌が陥る。
肌にそっけないやり口。

8 家庭用レーザー脱毛器

高出力レーザーを肌にあてるため針を刺すような痛みがあり、赤く腫れ上がる可能性がある。
肌に心ない手法。

まとめ

というわけで、肌に負担の掛からない脱毛法はないです。
上から順に肌に負担のかからない方法だと私は思いますが
どれも何かしら肌に影響を与えます。

下に行くにつれて肌の内側まで影響を与えるのでより肌に悪いです

ムダ毛ケアをするのであれば肌への負担は諦めて
ボディクリームなどを塗ったりして保全に心がけること。

結論

Q.肌に負担の掛からないムダ毛ケアとは

A.ない。ムダ毛ケアは肌に負担を欠ける行為。日々のケアを心がけるべし

ranking
クレジットカード